ニッチな資格だけど

ニッチな資格だけど

ヘアケアマイスターという言葉を聞いた事がありますか。
ヘアケアに関する何かの言葉という事は分かるかもしれませんが、どういうものなのか良く分からない人が多いのではないでしょうか。
ヘアケアマイスターとはヘアケアに関する師匠と言う意味です。

 

 

 

マイスターとはドイツ語で師匠や徒弟制度による職人の最上位の事を意味します。
良くマエストロと言う言葉を聞いた事があるかと思いますが、マエストロはイタリア語でマイスターはドイツ語で両者の意味は同じです。
日本においては日本ヘアケアマイスター協会という協会が主催している認定資格の制度の事を主にヘアケアマイスターと呼んでいます。

 

 

 

美容関係の職業についている人など、ヘアケアに関しての豊富な知識を持ち合わせていて、お客さんに対して一人一人正しい毛髪の診断を行う事が出来、それに対する的確なアドバイスを行う事が出来る美容師に対して贈られる民間の称号です。美容師免許は国家資格ですが、ヘアケアマイスターは国家資格ではなく、日本ヘアケアマイスター協会という民間の協会が認定する資格です。

 

 

 

最近では良くこのヘアケアマイスターという言葉を聞くようになったかと思いますが、この資格認定試験の歴史は浅く、まだ受験生も少ないのです。
まだまだニッチな資格で世間では知っている人の方が少ないかと思いますが、これからの美容師においては持っていれば就職や転職をする際に有利に働く資格になること間違いなしではないでしょうか。
是非興味がある方は受験してみては?